北海道天狗めぐり

山ブログ、"天狗"と名のつくピークや三角点をめぐる

2019.7.10 【小樽】天狗山(532.5m)

f:id:Y_takahashi_Y:20210503211416j:plain

【あらすじ】
2019年夏、「北海道夏山ガイド①道央の山々(北海道新聞社)」をバイブルとし、掲載されている”天狗”と名の付く山5座を登覇しようと企てました

 

結論から申し上げますと、恐らく山頂まで辿り着けてません

そのうち再挑戦して三等三角点まで行こうと思ってます

 

前日の晩は新調した山岳用テントの設営練習も兼ねて、おたる自然の村キャンプ場で一泊しました

f:id:Y_takahashi_Y:20210503204511j:plain

キャンプ場奥の散策路から見た夜景

早朝、キャンプ場入り口ゲートの手前から伸びている散策路から天狗山を目指しました

f:id:Y_takahashi_Y:20210503205909j:plain

f:id:Y_takahashi_Y:20210503205915j:plain

f:id:Y_takahashi_Y:20210503210017j:plain

ヤマグワ

黒い実が食べごろ

葉は変異が大きく、ランダムに切れ目が入っているものもあります

f:id:Y_takahashi_Y:20210503210054j:plain

f:id:Y_takahashi_Y:20210503210118j:plain

f:id:Y_takahashi_Y:20210503210121j:plain

f:id:Y_takahashi_Y:20210503210125j:plain

f:id:Y_takahashi_Y:20210503210150j:plain

クルマユリ

「新北海道の花(著・梅沢俊、北海道大学出版社)」では、葉の付き方が「車輪状」と書かれています

f:id:Y_takahashi_Y:20210503210908j:plain

f:id:Y_takahashi_Y:20210503210914j:plain

こうしてたどり着いたスキー場斜面を適当に登っていきました

f:id:Y_takahashi_Y:20210503211336j:plain

リフト終点の辺りはお花畑でした

f:id:Y_takahashi_Y:20210503211419j:plain

ヤナギラン

彼らは山火事などでリセットされた場所に花を咲かせるそうです
フキやササなどと同じように、地下茎で繋がって群生しています
こうしたスキー場斜面のほか、道路わきの法面などでも見かけます

 

よく知らんけどこの辺りが山頂じゃないのか、と思い、リフト終点上部の藪を漕いで三角点を探してみたりしましたが、見当たらずよくわかりませんでした

f:id:Y_takahashi_Y:20210503210943j:plain

ホオジロ

f:id:Y_takahashi_Y:20210503211204j:plain

ニュウナイスズメ

索道のワイヤーロープは、意外と色々な鳥が止まっていて面白いです 

f:id:Y_takahashi_Y:20210503212432j:plain

サルナシ

f:id:Y_takahashi_Y:20210503212508j:plain

下りは舗装路を歩いてみました

f:id:Y_takahashi_Y:20210503212513j:plain

巨大なナメクジ

f:id:Y_takahashi_Y:20210503212516j:plain

f:id:Y_takahashi_Y:20210503212520j:plain